【特別訳あり特価】 刈払機 エンジン式 マキタ/makita 草刈機 Rabbit 重量8.6kg/ラビット農業機械 排気量33.5cc 4サイクル / 30ccクラス以上 ループハンドル 背負式 / BHK3500LKL /-草刈り機

オフィシャルサイトへ


マキタラビット 刈払機 BHK3500LKL

ループハンドルテンションレバー

マキタミニ4サイクルエンジン搭載!

  • 排気量
    33.5cc
  • 重量
    8.6kg
  • 振動3軸合成値
    2.8
  • エンジン
    4サイクル
  • 刈刃サイズ
    10インチ

マキタの4ストロークエンジン MM4

クリックで画像を拡大できます。

マキタでは様々なタイプの刈払機を製造している中で、4サイクルエンジン刈払機の開発にも力を入れており、独自のミニ4ストロークエンジンはアメリカの厳しい排ガス規制試験もクリアし、2サイクルと比べると90%も排ガスが少なくなっております。2サイクルに比べ低燃費・低騒音で、混合気が排気ガスと混ざらないので安定したパワーが維持できます。大きさも独自の潤滑システムにより最小クラスに納め、重量もマグネシウム合金を採用することにより、クラス最軽量を実現してます。

スルスル らくらく ハッピースタート

クリックで画像を拡大できます。

マキタ ラビットではリコイルにダンパスプリングを組み込み、引く力にバネの力を利用し引く力を倍増してくれるので、弱い力でもエンジンを始動できます。

スロットルレバータイプ:テンションレバー

クリックで画像を拡大できます。

マキタ ラビット農業機械ではループ・2グリップタイプの刈払機では殆どの機種で採用されているレバータイプです。一部の両手ハンドルにも採用されております。
1のレバーを握りその状態で2のレバーで回転速度を調節します。 1のレバーを離すとレバーがアイドリング位置に戻り減速~停止します。
万一の転倒などで手を離しても安心で1を握り+2のレバーでアクセルを開けるツーアクションが必要なのでレバーがぶつかったりした時などの誤作動が少ないレバーです。

ハンドルタイプ:ループハンドル

クリックで画像を拡大できます。

ループ状の輪がシャフトに取り付けられ、刈払機をコントロールしやすい形状のハンドルです。特に縦方向に動かしやすく斜面・平地でも作業が出来ます。場面によってシャフトを握ったりと持ち方を変える事で状況を選ばずに使用できるのがループハンドルの強みです。また、両手ハンドルの様にずっと同じ体勢で同じ動きを繰り返す訳ではありませんので、身体への負担が少ないです。柔軟性があるハンドルタイプですが、特化した作業内容もありませんので、広範囲の平地作業は両手ハンドルの方が適してます。

メーカーマキタラビット
型番BHK3500LKL
排気量33.5 cc
重量8.6 kg
振動3軸合成値2.8
寸法〈長×幅×高〉345 × 300 × 440(棹部除く)
刈刃サイズ10インチ
エンジン / キャブレター4ストロークエンジン / ダイヤフラム式
燃料タンク容量0.7 L
始動方式リコイルスターター方式(ハッピースタート)
付属肩掛けバンド肩掛けバンド
付属品チップソー、刃物カバー、肩掛けバンド、潤滑油給油用容器(オイル入り)、工具一式、保護メガネ
その他傾斜地作業に最適
マキタミニ4サイクルエンジン搭載!